カテゴリー: 命にかかわる病気

心筋梗塞

ひどい痛みを伴う 心筋梗塞は、別名「心臓発作」や「心臓麻痺」と呼ばれることもある病気で、虚血性心疾患の一つです。 冠動脈血管に狭窄が起こったり、詰まったりして血液がうまく流れなくなり、これが原因で心臓の筋肉が壊死すること […]

くも膜下出血

若い人でも発症する可能性がある くも膜下出血とは、脳の内部で出血する脳内出血のひとつです。 脳の血管にコブのような動脈瘤というものができて何かの拍子に破裂してしまうことがあります。 脳は3層に分かれた膜に覆われて守られて […]

心筋症

心筋細胞の変異によって起こる 心筋症とは、心筋細胞が変質したり大きくなるなどして、心臓壁が薄くなってしまったり、反対に厚くなってしまったりすることで、心臓に異常が起こる病気です。 今のところ、心筋症になるはっきりとした原 […]

心肥大

高血圧などが原因で心臓が肥大する病気 心臓は、心筋によって作られています。 血液を送るポンプのような働きをしており、生きて行く為の大切な臓器です。 心肥大とは、心筋が肥大した状態のことを言います。 心臓は、右心室と左心室 […]

Loading...
X