Loading...
X

直葬

直葬、火葬式という葬儀が多くなっている理由とは

直葬や火葬式は、非常に安くできる葬儀として多くのご遺族が利用されるようになっています。
直葬、火葬式、また家族葬など、これまでほとんど聞くことの無かった葬儀が最近多く行われるようになってきている理由はなんでしょうか。

まず高齢になってから伴侶などの葬儀を行う方が多くなっているということです。
高齢になってから伴侶の葬儀を行うという場合、費用もそれほど多くかける事が出来ませんし、何より高齢になっていることで、葬儀に参列される方も少ないと考えられます。

葬儀に参列される方が少ない状況で、通夜、葬儀という一般葬を行っても寂しい葬儀となりますし、費用もかなり掛かります。
そのため、費用をおさえて家族が故人を思い行う葬儀という形を取り、直葬、火葬式という葬儀の形をとっている方が多いのです。

直葬や火葬式はどのような葬儀になるのか

直葬や火葬式というのは通常行う通夜、葬儀を行うことなく、簡単に言えば、火葬するということがメインとなる葬儀です。
海外では葬儀等も1日で終えてその日に火葬することが求められる国もありますが、費用的にも安く利用できるため、ご遺族にとって負担の少ない葬儀です。

病院等でお亡くなりになった御遺体を、葬儀会社の方に火葬場へ運んでもらい、その日に荼毘に付してもらいます。
葬儀社によっては火葬場に直接運ぶということではなく、一旦自宅に御安置し、その後火葬場に運び荼毘にふすということを行っている葬儀社もあります。

そのまま火葬するということで、通夜、葬儀などがないので、参列される方なども通常いません。
ただ場合によっては荼毘に付されるとき、知り合いの僧侶に読経してもらうこともありますし、火葬場に親類などが集まっていることもあります。

費用はかなり低くなる

地域によって火葬式、直葬の費用が変わりますが、一般的に高くても20万位の費用です。
安いところになると、総額で12万弱という費用のところもあります。

実際にかかる費用としては、遺体の搬送と火葬式の費用のみ、ということになるので、通常の葬儀の様に、僧侶に来ていただく費用や戒名の費用などが必要なく、非常に安く葬儀が出来ます。

最近は核家族化が進み、親族との付き合いもしていないというご家族もあります。
高齢者が一人暮らしされている場合など、親族とほとんど付き合いをしていないため、葬儀を行う親族などもいないということもあります。

こういう時、葬儀をしてもいいという親族がいれば直葬や火葬式という選択をされる方も多いのです。
直葬や火葬式なら、費用も一般的な葬儀より低くなりますので、顔を見たことがないという親族でも、葬儀を行おうという気持になる方が多いようです。