Loading...
X

合同葬

合同葬とはどういう葬儀の形なのか

合同葬というのは、故人を偲びご遺族が行う一般的な葬儀ではなく、個人葬と本葬を一緒に行う葬儀です。
2つ以上の企業、団体などが行う葬儀も合同葬と呼ばれますが、合同葬の場合、御遺体を火葬するという所まで、すべての流れが入っていることが大きな特徴となっています。

喪家がどのような宗派なのか、菩提寺がどこなのかなどを確認し、ご遺族の方々と相談しながらどのような葬儀にしていくのかを考えます。

葬儀費用については、企業、ご遺族双方で話し合って取り決めることが多いです。
寺院などのお布施などについては一般葬同様にご遺族がもつ、その他斎場の利用料は葬儀の全般費用については企業が負担するなど、行われる合同葬によってその費用の取り決めも違いがあります。

名義を合同葬とする場合にも、社葬を規定しておくことで企業がどのくらいの費用を負担しても構いませんが、お布施、戒名料、火葬費用などについてはご遺族が出すことが多いようです。

2つ以上の団体、企業が行う合同葬の場合

2社以上の企業、団体が合同葬を行う場合で、故人が数社との取引があり関係しているという場合には、それぞれの企業との関係性や、企業の規模などにより葬儀費用の分担が変わります。

社葬は通常行われている個人の葬儀とは全く違い、企業の広告的な面も持っていますので、通常分担が異なります。
最近は特に社葬を行うことで、企業を社会に広告するという意味合いが深い社葬が多くなっていますので、費用も企業が大部分を占めるという傾向が強いようです。

こうした合同葬は葬儀会場で行われる事もありますが、規模が大きなものになると葬儀会場では参列者が入りきれないという理由などからホテルなどで、お別れの会という形でパーティー色が強い合同葬になっていることも多いです。

合同葬は葬儀までの時間が限られている

合同葬の場合、火葬まで一連の葬儀の流れをすべて行うという葬儀になっていますので、お悪なりになってから葬儀までの時間がかなり短く、準備にしてもばたばたになる事が予想されます。
葬儀について取引先、また故人が関係の深い企業、親交の深い友人など、様々な方に連絡することも求められるため、細心の注意を払って準備することが求められます。
誰かに連絡がいっていないということが無いように、企業や団体が加わる葬儀として、準備する時間が短いとはいっても組織的にしっかり動く必要があります。

こうした合同葬を行う場合、ご遺族が共に行う葬儀ともなりますので、失礼のないように、またご遺族のお気持ちをしっかり汲んで、準備をしていくことが大切です。
対外に広く知られる葬儀ともなりますので、企業、ご遺族がしっかりと葬儀を組み立て、故人の恥とならないように行うことが重要でしょう。