Loading...
X

音楽葬

音楽葬は個性があり思い出に残る葬儀になります

一般葬は悲しみの中、静かに葬儀が進んでいきますが、音楽葬は静かな中でも音楽が流れていて、参列する側も心静かに・・・故人を偲び音楽を気持よく聞きながら参列することができます。
音楽葬もご遺族によって様々な形として行われており、故人が遺言で音楽葬に・・・とされることもあり、かなり凝ったつくりの会場なども見られます。

音楽葬は、葬儀会社がプランを用意してくれている場合もありますので、そのプランを利用するということもできますし、故人が遺言されていた場合などはそれに沿って行うこともできます。
元々葬儀の形として新しいものなので、一般葬と比較すると宗教色も少なく、参列される方も気持ちよく故人とお別れができるのではないかと思います。

どのような形の音楽葬があるのか

例えば、音楽葬を行う場合、会場を音楽のイメージそのものに作り上げるということもできます。
ある音楽葬では、お酒をこよなく愛したという故人のために、沢山のワイン色の花が祭壇を飾り、その中で大好きだったというクラシックが流れているという印象的な葬儀がありました。

こうした新しい葬儀の形は、故人が生前愛されたものをメインに飾りつけしたり、寂しくないように賑やかに送り出したい、また音楽が好きだった人があの世にいかれても、楽しく音楽を奏でることができるようにと配慮した葬儀となっています。
故人が愛した音楽がどんな音楽だったのか、また故人をよく知る仲間たちとしては、故人が好きだった音楽を聞きながら、改めて、亡き人を思い、偲び、この先、印象的な葬儀として心に残っていくと思います。

音楽葬のスタイルとは

例えば、音楽葬は通夜だけ行い、翌日の葬儀は普通通りに行うということもできますし、仏式の通夜を行い、葬儀を音楽葬で・・・ということもできます。
また告別式と葬儀を別にして、葬儀は普通に行って告別式を音楽葬として行うということもできます。

音楽葬といっても、すべてを音楽葬で行うということではなく、一部利用するということもできるのです。
高齢の親族の方などは、こうした通常の葬儀とは違う形の葬儀を好ましく思わない人も少なくありませんし、また葬儀に音楽を慣らすなんてとんでもないと思っている方も少なくありません。

葬儀を行う前に、親族の方々にこういう趣旨をもって音楽葬を行うのだということ、故人が生前愛した音楽で送り出してあげたいと思っていることなどをしっかり説明し、納得していただくということも必要です。

納得していただけない方もいるかと思いますが、葬儀は親族のために行うというよりも、故人が現世でお世話になった方とさようならを行う場です。
きっとしっかり説明すれば納得してくれると思います。