Loading...
X

一日葬

通常は通夜、葬儀と二日で行うのが葬儀

通常、人がお亡くなりになると通夜、葬儀、告別式などを行い、最後に火葬します。
しかし最近は通夜を行うことなく、告別式、火葬を済ませる一日葬という葬儀を行う遺族もいます。

経済的な面を考えると日本で行う一般的な葬儀というのは費用がかなり掛かります。
通夜振る舞いや精進落としなどの費用を考えるとかなりの金額になりますが、通夜を亡くすことで通夜振る舞い等も必要なくなりますし、余計な費用を削減できます。

また高齢になって葬儀に参列する人も少なくなっているということで、こうした一日葬を選ぶ方も多いです。

一日葬の参列について

一日葬は、参列者側にこうした葬儀を行うことに配慮することが必要ともいえます。
一日葬は通夜を省き告別式を行うという通常の葬儀を短縮している葬儀となります。
仕事、諸事情があり、こうした一日葬を行うのですが、通夜、葬儀という二日間がないので、葬儀に参列出来ないという人も出てきます。

忙しい毎日の中で仕事に支障をきたすことなく故人へのお別れを行うために、通常、お通夜に参列する方が多いので、通夜がないために参列できずお別れしたかった・・・と思いを残す方も少なくありません。
故人が生前親しくしてくれていた方々には、先に、一日葬という葬儀を行う事を早めに連絡するということも必要ですし、一日葬の前に一目挨拶を・・と自宅などへ故人に会いに来た方々には面会してもらうなど、配慮が必要です。

一日葬の服装についてはどうなのか

一日葬であっても通常の一般葬と同じように服装は礼服を利用します。
参列される方は御香典をもって参列してくれますが、辞退されるご遺族も多いです。
御香典を辞退されるという場合には、おもち頂いた方に失礼にならないように御香典を辞退する趣旨を会葬礼状に書いておくことが必要です。

御香典や供花についても、辞退するかどうかなどに関わりなく、会葬例品を用意しておくことがマナーです。
お子さんの服装も通常通り、制服があるのなら制服で構いませんし、制服がないようなら黒っぽい服装で参列すればいいと思います。

食事についてはどのようにするのか?

一日葬は通夜がないという葬儀なので、お食事などがありません。
食事についてはご遺族だけで外食されるなどで済ませることが多いので、葬儀で食事を出すという場合には、どこで食事をするのかなどを宗教者などに連絡するようにしましょう。

通夜振る舞いや精進落としなど、通常は食事をしますが、このような費用がかからないということも、一日葬のメリットです。
ただ高齢者についてはこうした葬儀の形を許さないという方もいますので、親族などにしっかり趣旨をお話ししておくべきです。