カテゴリー: 遺言・相続

遺留分減殺請求とは

遺留分という考え方 被相続人が遺言を残して死亡した場合、原則その遺言が優先されて、その内容に基づいて遺産が相続されます。 では、相続人としての権利があっても、遺言になければ遺産を相続する権利は全くないのでしょうか。 実は […]

教育資金の一括贈与の注意点

教育資金の一括贈与制度 相続税対策の1つとして、「教育資金の一括贈与」の人気が高まっています。 教育資金の一括贈与とは、祖父母や両親から、30歳未満の子または孫への教育資金を贈与する場合には、1500万円まで贈与税が非課 […]

生前のうちに贈与する「生前相続」とは

希望通りの財産分与を行う生前相続 被相続人の死後、故人が遺言書等で指定をしていなければ、原則法律に従って遺産相続が行われます。 いわゆる「法定相続」ですが、民法によって定められ、相続人が複数いる場合には、取り分について細 […]

相続登記を自分で進めるには

相続登記は不動産の名義変更 不動産の所有者が亡くなり、相続人が被相続人からその不動産を相続する際に、登記名義を相続人に変更する手続きの事を「相続登記」と言います。 法務局は申請があれば名義変更を行いますが、法務局が動いて […]

Loading...
X