Loading...
X

葬儀にかかる費用は?

葬儀費用の実態

葬儀に要する費用を一言で述べるのは当然困難です。
葬儀の規模、利用する施設、その他さまざまな要因が絡まり、最終的な費用に繋がるからに他なりませんが、有事に備え、世間一般の平均額を事前に知っておく事は大変重要です。
ちなみに諸説流れていますが、ザックリとした平均金額は「200万円弱」というデータに信憑性が感じられます。

この金額、皆さんの予想に対し、いかがだったでしょうか?
勿論家族葬などで極限まで規模を縮小すれば、数十万円で無事に葬儀を終える事も可能ですし、規模が大きくなれば、時に桁が異なったとしても不思議はありません。
ですが皆さんのご記憶の中に残る、葬儀費用の工面に窮した結果、身内間で金銭間のトラブルが生じてしまったケースを思えば、子の平均金額より余裕を持った準備の必要性が理解出来るでしょう。
あらかじめ特定の葬儀業者の積立金制度などを利用されていれば、葬儀費用の精算時にそれを充当出来ますが、全ての方々がその限りではありません。

金額の詳細

ちなみにこの「200万円弱」というのは、いわゆる一般家庭が外部からの弔問や参列を含み、世間が捉えるところのごく普通の葬儀を執り行った際に要する費用です。
葬儀業者が取り仕切る葬儀は基本的にはグレード別にパッケージ化されており、あらかじめ概算を知る事は可能ですが、それでも式の流れの中、予定外のアップグレードを遺族側が選択する場面は珍しくありません。
安易にこの平均値内で確実に納まると思い込んでしまうと、後々金銭面で慌てる事になり兼ねません。
事前に用意周到に備える行為自体に抵抗感を覚える向きも見られますが、残された遺族が過度な金銭的負担を背負ってしまってはならず、事前の備えが大切です。