Loading...
X

喪主を決める

重要な喪主の決め方

最初に基本的な事からお伝えします。
喪主は誰が務めても構いません。
ですが一般的には個人の配偶者もしくは長男もしくは故人が生前同居していた子供が務めるパターンが基本です。
また夫婦が配偶者を亡くした場合、残された側が高齢などの事情で、長男もしくは子供が務めるケースも珍しくありません。

また子供が務める場合は長男が基本ですが、諸事情で次男もしくは他の子供が務めても勿論問題はありません。
子供が複数いるのであれば、協議の上で誰が務めるのかを決めれば良いのです。
故人が未成年の場合、親が喪主を務めます。

喪主が担う役割

次に喪主の役割を確認しておきましょう。
喪主は弔問くださった方々の対応が主な仕事となります。
葬儀全体を仕切る立場ではありませんので、こうした一連の流れは世話役等、他の人物に任せる事になります。

ちなみに世話役は葬儀屋さんとの折衝など、いわば現場監督的な役割を担います。
但し葬儀の規模など諸々の事情から、喪主が葬儀屋さんとの折衝や確認作業を兼任するパターンも珍しくありません。
喪主の仕事の範疇を「ここからここまで」と明確に規定したり、「これは必ず務め、これは関わらない」といった線引きをする必要はありません。

とりわけ葬儀の規模が小さな家族葬等の場合、全てを喪主が担うケースが多々見られますが、これでは負担が集中してしまいます。
出来れば他にサポートする立場の人間を立て、分担するのがベターです。

施主という存在

多くの方々がその存在を意識していない感も否めませんが、葬儀には喪主とは別に施主が存在します。
ちなみに双方の主な役割としては、喪主は遺族を代表して弔問を受け、葬儀の一連の流れの中で中心的存在を務めます。
対して施主は費用面の責任者であり、葬儀の運営を担う存在です。

ちなみに通常規模の葬儀では、喪主が施主を兼任していますが、家族の規模が大きく自宅葬がメインだった昭和の時代には、喪主を長男が務め、他の兄弟もしくは親族が施主を務める分担形式が多く見られました。
これには故人が残した財産(遺産)の存在などの管理事情などが絡んでいましたが、近年はこうした葬儀後の処理も簡潔に処理出来るケースが多く、喪主イコール施主が一般的なスタイルとして定着しています。

喪主を務めると決まれば

非常に悲しい例えを挙げますが、たとえば高齢や余命宣告を受けたなど、故人との最期のお別れの時が確実に歩み寄っている時間を過ごされた方々であれば、現実問題として葬儀時の喪主その他の分担を視野に入れざるを得ません。
自身が配偶者あるいは長男であれば、その日の訪れに備えておられて当然であり、また将来自身がそうした役割を担う可能性をお持ちであれば、1人の社会人として、葬儀に際しての予備知識を備えておくべきです。

既に会員登録されている、信頼する葬儀屋さんをお持ちであれば、担当者が速やかに分かりやすく、喪主として当日何をどうすべきか、どのタイミングでどう立ち振舞うかなどを、事前に説明してくれますが、それでも悲しみと疲労と緊張感の中、実際には頭の中が真っ白になってしまって当然です。
そんな喪主が参列者の前で遺族を代表して述べるのが「喪主の挨拶」です。
いわゆるお決まりの文言が幾通りも存在していますが、出来るだけ簡潔に参列者各位への感謝の意を、遺族代表という立ち位置から述べる事が出来れば十分です。

結婚式や披露宴などとは違い、葬儀の出来栄えや思い出を後々語る参列者は基本見当たりません。
参列者に失礼があってはならないと過剰に意識し過ぎる、より完璧な進行を求めるなど、葬儀の出来栄えの良さを求める必要はありません。
生真面目な方々の中には気丈にも、これらに意識が向き過ぎてしまいがちですが、喪主は遺族であり、葬儀というイベントを参列者に提供している訳ではありません。
過剰な負担を自覚する必要は無いと覚えておいてください。