Loading...
X

四十九日とは

四十九日の法要

仏教では、人が亡くなると死後49日後に成仏するとされていますので、故人にとって大切な節目となり、49日目には僧侶を招いて四十九日の重要な法要が行われます。
四十九日の法要は、場所の手配や本位牌等、事前にしておく準備が沢山ありますので、四十九日が近づいてから慌てずに済むように、葬儀が終わったらすぐに四十九日の法要の為の準備を始めていきましょう。
その為にも、四十九日の法要に必要な準備や儀式の流れ等について把握しておくことが大切です。

四十九日の法要に必要な準備

仏教では、人が亡くなって7日毎に閻魔大王に生前の行いについて裁きを受け、死後49日目に極楽へ行けるかどうか判決が下るとされています。
故人が無事に極楽へ行けるよう、最初の7日目に行う法要を「初七日」、大きな意味を持つ49日目に行われる法要を「四十九日」と言います。

重要な役割がある四十九日の法要の準備について、まず始めに日時の調整と場所の手配を行います。
故人の魂を待たせない為に、49日目を過ぎないように前倒しで日程調節を行うようにしましょう。
同時に、僧侶への依頼と、四十九日の法要の案内状を手配します。
身内だけで行う場合には電話等で済ませることも多いようです。

また、本位牌や、必要に応じて仏壇の準備も行います。
本位牌には戒名を入れる為、時間が必要な場合がありますので、余裕を持って準備するよう心がけましょう。
料理や引き出物の手配も早めの手配がお勧めです。
会食は1人当たり3000~10000円程が目安で料理のグレードにより異なり、引き出物は3000円程の物を考えると良いでしょう。

四十九日の法要の流れ

四十九日の法要当日、僧侶が到着し、着席して法要開始となりますので、喪主が開式の挨拶を行います。
僧侶による読経が始まり、この間遺族から順に焼香をしていきます。

読経の後は、僧侶による法話を聞き、法話が終わると僧侶が退場します。
その後喪主の挨拶があり、会食が始まります。
再び喪主の挨拶で四十九日の法要は終了となります。

四十九日の参列者のマナー

四十九日の法要に参列する際の服装や持ち物のマナーについて、基本的に葬儀と同じような格好で大丈夫です。
遺族の場合は三回忌まで喪服を着用しますので、重要な節目である四十九日の法要時も喪服を来て参列します。
一般参列者の場合は、略式喪服が基本となりますので、男性は黒の上下スーツ、白いワイシャツ、ネクタイと靴、靴下は黒となります。

女性の場合、黒の上下フォーマルスーツやワンピースに、ストッキングや靴も黒を着用します。
アクセサリーは、真珠等の一連ネックレス程度で、華やかな物や二連の物は避けるようにしましょう。
仏教の法要となりますので、数珠を忘れないように必ずバッグに入れておきましょう。