Loading...
X

初七日とは

初七日の法要について

仏教では、人の死後49日の間、故人の魂は成仏をしないでさまよっているとの考え方があります。
そのさまよっている魂が無事に極楽へ導かれるように、遺族が死者の為に供養を行うことを「法要」と言います。
法要の中でも、故人が亡くなった日から7日目に行われる最初の追善法要が「初七日」です。
仏教では人の死後7日毎に7回、生前の行いについての裁きが行われるという教えがあり、初七日はその最初の裁きの日となります。

三途の川を無事に渡り極楽へ行けるよう、お経を読み、焼香をして故人をしのびます。
最近では、改めて親族が集まると負担が大きくなってしまいますので、葬儀当日に初七日も同日に法要を済ませてしまうケースが主流となっています。

初七日の準備

葬儀当日に行う初七日には、火葬前の葬儀中に行う「繰り込み法要」と、火葬後に葬儀場へ移動して行う「繰り上げ法要」の2種類がありますが、遺族や参列者の移動や時間等の負担を考え、繰り込み法要が圧倒的に多くなっています。
この場合、葬儀や初七日の後、「精進落とし」あるいは「お斎(おとき)」と呼ばれる会食を行います。

本来であれば、忌中だからと肉や魚を絶ち精進料理を食べていた人の為に、四十九日の忌明けに精進料理から普通の料理に戻す食事を意味していましたが、現在においては、僧侶や参列者の労をねぎらう為の食事会を指しているようです。
初七日法要の準備として、葬儀の準備と法要の手配、精進落としの手配と、僧侶に渡すお布施の準備が重要となります。

初七日の儀式の流れ

葬儀当日に行う繰り込み法要の流れは、葬儀と告別式の後に初七日法要を行い、出棺して火葬の間に精進落としで会食をしてからお骨上げに行き還骨法要をして終了となります。
対して繰り上げ法要の場合は、葬儀と告別式の後に出棺して火葬が行われ、お骨上げ、還骨法要の後に初七日法要となり、精進落としの流れになります。

本来の初七日法要の流れでは、まず僧侶が入場し、喪主による法要開始の挨拶を行います。
読経が行われ、焼香、僧侶による法話を聞き、僧侶が退場の後喪主の挨拶をして、精進落としで終了となります。

参列者の服装のマナー

葬儀と同日に行われる初七日法要では、喪主や遺族は喪服を着用していますので、参列者もそのままの喪服で問題ありません。
葬儀とは別の日に行う本来の初七日法要の場合は、喪主や遺族は同じく喪服を着ていますが、参列者の場合には略式喪服でもマナー違反にはなりません。

男性の略式喪服は、黒の上下スーツと白のワイシャツ、ネクタイ・靴下・靴は黒となります。
女性の略式喪服は、黒のスーツ、またはワンピースやアンサンブルで、膝が隠れる程の長さが無難です。