Loading...
X

弔電を打つ際の注意点

弔電を打つ際に確認すべきポイント

時と場所を選ばず届けられる、出来れば聴きたく無い情報の筆頭、それが訃報である事に異論は無いでしょう。
何とか駆けつけてお悔みを伝えたいと願えども、どうしても諸事情でそれが叶わぬ場合、せめてもの想いを伝える手段として、弔電を打つ事となります。
打つ側の気持ちとしては、とにかく1分1秒でも早く、自身の気持ちを遺族に伝えたい気持ちからの行動に他なりませんが、ここでも忘れてはならない注意点が存在しています。

弔電を打つ理由は先述の通り、本来なら葬儀や告別式に参列したくとも、事情がどうしてもそれを許さないからであり、弔電はいわば「弔意を伝える代役的通信」という位置付けです。
弔電を打っておいたから、あとは放置しておいてOKと考える向きが、残念ながら時折見受けられますが、これは間違った解釈であり、弔電だけ届いて後は音沙汰無しでは、残された遺族の方々の胸中も複雑となって当然なのです。
大切なのは後日弔問する、もしくはおくやみの手紙を届けるなど、叶わなかった葬儀や告別式への参列に相当する、皆さん自身の行動で弔意を伝える行動です。

文章の内容について

また弔電に関しても、文章はあくまで簡潔を心掛けてください。
故人に対し手の非常に深い思い入れから、長文あるいは限られた方々にしか理解出来ない話題を取り上げての弔電を届ける方も稀に見られますが、これはある意味マナー違反に抵触すると捉えておきましょう。

あくまでも弔電は「本来なら駆けつけるべきところ、伺えずに申し訳無く悔しい」という皆さんの想いを、少しでも早く電報という通信手段を用いてご遺族に届ける手段なのです。
実際にはご遺族もギリギリの状態で忙殺され、悲しんでいる時間すら与えられ無いのが葬儀から告別式への流れですが、全てが一段落着いた後に目を通されるのが弔電です。
そこまで先を考えた上でお届けすべきメッセージだと覚えておきましょう。