Loading...
X

訃報の連絡

訃報連絡に際しての注意点

喪主が担う重要な仕事として、訃報の連絡も忘れてはなりません。
現実の場面を思えば、先ずは親族が危篤状態に陥り、最期の時が目前に迫っている事を、伝えねばならない相手に迅速確実に連絡せねばならず、自ずと言葉選びや口調、そしてタイミングに悩んでしまって当然です。
ここでは必要最小限必ず押さえておいていただきたいポイントに絞り、以下にお話させていただきます。

危篤状態の第一報は当然、家族そして三親等までの親族(おじ、おば)、次に本人の勤務先関連、学校関連、親しい友人知人の順で連絡を入れます。
緊急性の高い連絡ですので電話を用い、相手が出ない場合は急を要する重要連絡である旨を留守録メッセージに、あるいはメールで簡潔にその旨を伝えるなど、時間を重要視してください。

次に訪れる臨終直後、まずは上記と同じく、近親者や連絡が必要と判断される人物にその旨を連絡します。
この時点で通夜や葬儀の詳細が決まっていなくて当然ですが、それは決定次第再度連絡で問題ありません。
正確な伝達が任せられる親しい親族間であれば、連絡を回して貰う事で負担を軽減しても失礼には当たりませんので、この辺りの立ち回りは的確に判断してください。

訃報

親族以外の連絡

親族以外の故人の親しかった友人、知人、勤務先や学校関係へは、葬儀の日程など詳細が決定後、それらの情報と合わせて連絡しても遅過ぎる事はありません。
喪主としては気が動転していて当然の上に、自身は面識の無い相手との初めての会話が訃報連絡となり、大変な心身の負担を伴いますが、生前故人がお世話になった旨の感謝を述べる姿勢に努めてください。
訃報を受け取る側も大人であり、喪主や遺族のお気持ちや状況は十分理解出来ますので、過剰に「粗相があってはならない」との方向に意識を向け過ぎる必要はありません。
伝えるべき諸々を自身の言葉で誠意を持って述べる事が出来れば十分です。