Loading...
X

相続手続きの流れ

相続に必要な諸手続き

多くの方が人生で1度、もしくは生涯そうした場面を経験されない方も少なくないのが相続の手続きです。
ですがご両親が他界されるという、いつの日か必ず訪れる現実に際しては、この作業との対峙が必要となります。

法律に関する難しいイメージが先行しがちですが、基本的な流れを漠然とでも頭に留めておけば、実際にその場面を迎えた際にも冷静に対処出来、現在進行形で行われている作業が理解出来れば安心感にも繋がります。
ここでは大まかな流れをご紹介しますので、ぜひこの機会にチェックしてみてください。

先ずは故人が他界された事で、相続が開始されます。
続いて遺言状の有無とその内容の確認、相続財産の詳細の調査、相続人の存在の調査が為されます。

そして遺言状の存在が確認出来ない場合は、相続人全員による遺産分割協議が行われ、存在が確認された場合は家庭裁判所で効力の確認が為され、負の財産が勝っていると判定された場合、遺産相続放棄の手続きを3ヶ月以内に終える事で、故人が残した借金などの肩代わりを回避出来ます。
続いて遺言状に沿っての遺産分割、預貯金や不動産の名義変更手続きを終え、故人の遺産を然るべき人物に分配を終えた後、相続税の支払い義務が発生した場合、10ヶ月以内の納税が義務付けられています。

専門家に依頼しよう

ご一読いただく限り、とても素人では対応出来ないイメージをお持ちでしょうが、実際には司法書士や弁護士など、こうした方面の専門家に処理を依頼するのが一般的です。
遺産相続に関する無料相談は全国各地の専門機関が積極的に開催していますので、将来的に必要であれば、時間を見て1度お問い合わせ、もしくは足を運ばれる事をお薦めいたします。
早目に近未来のシミュレーションに着手される事は、決して無駄ではありません。