Loading...
X

相続税と高額資産の査定や買取について

押さえておきたい相続税

相続する遺産の金額が一定以上の場合、所定の相続税が発生し、期限内の納付が義務付けられている事は、既に多くの方々が知識として有しておられる通りです。

しかし、特に平成27年に相続税法が改正された事もあり、一般の方々が正確な計算法を暗記されていなくても不自然ではありません。最終的な正確な金額の算出は、専門家の手を借りるのが一般的ですが、事前に私達自身でも、自身が法定相続人となり相続した場合、相続税の負担の可能性がどうなのか、事前に見当をつける事は十分可能です。以下に相続税が生じるケースを紹介しておきますので、ぜひご参照ください。

先ずは「3000万円+600万円×法定相続人数=相続税基礎控除額」という公式をチェックしておいてください。

これが先に触れた平成27年1月改正の公式です。具体的に法定相続人が1人だけだと過程した場合、合計3600万円が基礎控除額であり、相続する金額がこの金額を下回る限り、相続税は発生しない計算となります。更にもう一歩突っ込んだ例で検証してみましょう。

奥さんとお嬢さん2人を残して亡くなられたご主人の遺産総額が1億2000万円だった場合、法定相続人は3人ですので、次の計算式となります。
「1臆2000万円-4800万円(※法定相続人3名の基礎控除額)=7200万円」
この7200万円という相続分に関し、所定の税率で相続税が発生するのです。

税金

相続税が発生する資産とは

土地や家屋、金銭といった資産に該当するものにはすべて相続税が発生します。貴金属や宝石、または絵画など価値が高いものに関しても課税の対象となります。さらに美術品や骨董品なども高額財産として扱われるため、相続の際は税金が発生します。税金の計算方法はそれぞれで異なりますが、家庭にある絵画や美術品・骨董品は専門家の査定額によって評価額が決まるため、専門家に査定してもらえるところを覚えておいた方が良いでしょう。

<おすすめ>
美術品・絵画の買取なら総合美術買取センター

税金が発生する資産とは反対に、法的に非課税とされる、墓所、墓石、仏壇、特定の公益法人への寄付財産、死亡退職金や生命保険金の一定額までに対しては、相続税は発生しません。各々細かい計算式が存在し、一般の方々には殆ど接点が無いと思われるジャンルも見られます。該当すると判断された場合には、速やかに専門家に確認される事をお薦めいたします。