Loading...
X

相続放棄の方法とポイント

「負の遺産」を相続しない為に

遺産相続、と聞くと良いイメージですが、遺産とは、資産だけではなく、借金等の負債、いわゆる「負の遺産」も相続することになります。
負債は相続せず、資産だけを相続するということはできませんので、プラスとマイナスの遺産はセットという考え方となります。
この考え方を「単純承認」と言いますが、中には、巨額の借金だけが残り、資産はゼロ、というケースも当然あります。
この場合には、「相続放棄」の権利が認められています。

この権利は、資産も負債も全て相続しないというものです。
遺産が現預金や美術品、不動産等の形で残されていたとしても、特定の物だけ相続したいと言っても認められません。
また、単純承認の他に、「限定承認」という方法もあり、これは相続した財産で負債を返済し、財産が残るようであれば相続するという考え方です。
ただし、限定承認は手続きが複雑のため、あまり選ばれる方法ではありません。

相続放棄の活用の仕方

相続放棄のメリットとは、負の遺産を相続する必要がなくなることです。
被相続人に多額の借金等があったとしても、相続人だからと受け継ぐことはありません。
負の遺産を相続した相続人は、金融機関からの借入金は返済義務が生じます。

少しの遺産を相続しただけでも、負の遺産もセットの場合には金融業者から執拗に返済を求められることがあります。
この場合、相続放棄をすることで、そのようなストレスを受ける必要がありません。

また、金銭問題だけではなく、家業を営んでいる場合にも、遺産分割によって家業が継続できなくなるケースもあります。
その場合にも、家業の存続を条件にして家業を継承する親族以外の相続人は相続放棄をすることで存続させるという活用方法もあります。

相続放棄の手続きは3ヶ月位内に

相続放棄の大きな注意点としては、相続人が、遺産相続が発生することを知ってから3ヶ月以内にどうするか決定しなければいけないということです。
単純承認か限定承認か、あるいは相続放棄をするのか、相続放棄の場合は家庭裁判所にて手続きを行う必要があります。
ただし、3ヶ月以降でも家庭裁判所で相続放棄が受理されるケースもあります。
例えば、故人が亡くなってからしばらくして借金があることを知ったケースです。

債権者から返済要求がきて初めて負債を知った場合には、家庭裁判所にて事情を説明することで、相続放棄が認められる可能性があります。
このような場合には、まず落ち着いて専門家に相談することをお勧めします。
また、相続放棄の手続きをしてしまうと撤回ができません。
借金と逆のパターンで、後から資産の存在が分かることもあります。
まずは相続財産をきちんと調べてから慎重に判断を行うことが大切です。